理事長挨拶

JAPAN47とは災害対策建設teamの名称です。

杉本 裕典 私たちは建設会社の社会的な役割を再定義し、大雪・台風・地震など日本全国各地で起きた災害時の被災建物の調査や復旧工事の事業活動を柱にしています。なぜ災害対策が必要なのでしょうか?

ここ20年間で自然災害の規模が大きくなりました。
ここ数年に絞ってみても日本は災害が頻発する国といえるでしょう。

平成23年以降では、平成26年の関東地方の大雪被害、平成27年の台風による水害、近年では熊本地震・鳥取地震など、頻発する災害は今も続いています。
日本は災害が頻発する国であるということ。
そして災害時に被害を拡大しないために、老朽化した住居や建物、インフラなどに対して、普段からの調査・点検などをドローンで行い建設業の分野で私たちの知識と経験が生かせる場があるということです。

杉本 裕典

私たちが目指すもの


「日本一の民間災害対策団体」

私たちがやるべきこと


「ドローンの有効活用を柱に地域の安全と安心に寄与する」
セキド オンラインショップ

お問合せはこちら