雨漏りや家の損害でお困りの方、当サイトにお任せ下さい!

高気密・高断熱住宅のメリット・デメリット

無料調査・ご相談はコチラ
電話番号:03-6451-4542 電話受付時間:10時~20時(土日・祝も対応)

お問い合わせNo.ca1k29719

お問合せはコチラ

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

高気密・高断熱住宅のメリット・デメリット

レンダー-グラフィック-アーキテクチャ

気密性や断熱性が低い家は、夏は暑く、冬は寒く、住みづらい環境と言えるでしょう。つい冷暖房の利用が増え、電気料金がかさむことも。また、結露が発生しやすく、健康被害に至るケースもあります。そこで注目されているのが高気密・高断熱住宅です。冬が厳しい北海道から始まった住宅で、最近では全国的に広まりつつあります。夏を迎えるにあたり、家の気密・断熱について学んでみませんか?今回は、高気密・高断熱住宅のメリット・デメリットについてご紹介します。

●家の気密

気密とは隙間をなくして、内部に風が入らないようにすることです。外と家の内部との対流を防ぎ、外気温の影響を受けにくくするのです。すべての部屋が一定の気温で保たれ、快適な暮らしをもたらします。

●家の断熱

シャッター-カリブ海-アーキテクチャ-ドア-家-ウィンドウ

断熱とは家の内部に伝わる熱の量を小さくし、外気温の影響を減らすことです。例えば、夏になると外気温や放射熱の影響で、外と家の内部を隔てる壁や床、天井、窓が温められ、室内の気温が上がります。つまり、断熱とは外からの熱を内に伝わりにくくすることで、涼しく快適な環境を実現できるのです。

断熱方法としては、外壁に断熱性能が高い断熱材を使用し、入ってくる放射熱を遮断させます。また、多くの熱が侵入するという窓を複層ガラスにすることにより、熱を内部に伝えないようにします。

●高断熱・高気密住宅のメリット

高断熱・高気密住宅のメリットをポイントごとにご紹介します。

・省エネ

室内の気温を安定させることで夏は涼しく、冬は温かく感じることができます。冷・暖房の電気代を抑えることができ、省エネにつながります。

・ヒートショックのリスクが軽減

各部屋の温度差を少なくすることで、お風呂場に入る際に起こりやすいヒートショックのリスクを軽減します。

・遮音性が高い

気密性が高いと外の騒音を遮断してくれます。静かで安らぐ時間を確保できます。

・健康を害するものの侵入を防ぐ

車の排気ガス、花粉、害虫の侵入を防ぐ効果があります。

・結露が起きにくい

気温差が少ないので、結露が発生しにくくなります。結露はダニやカビを発生させ、健康被害を引き起こす原因になるので、防げることは大きなメリットです。

●高断熱・高気密のデメリット

ベッドルーム-建築-インテリア-ライフスタイル-現代-住宅-家

断熱性と気密性を高めることにより、デメリットが生まれる可能性があります。ポイントごとに見てみましょう。

・費用がかさむ

窓や断熱材などの特別な建材を使用するため、通常の家よりも高額になることがあります。

・安価な施工はトラブルのもと

安価な施工により欠陥が起きた場合、集中結露が発生するなど、思いがけないトラブルが起こる可能性があります。

・過度な乾燥を引き起こす

高断熱・高気密住宅は24時間換気が義務付けられており、冬場は特に湿度を外に追い出してしまい、過度な乾燥を引き起こす可能性があります。過度な乾燥は肌荒れやアトピー、風邪の原因になるので、湿度管理にご注意ください。

・息苦しさを感じる

換気扇以外はほとんど密閉されているため、特に閉所が苦手な人は、息苦しく感じてしまうことがあるようです。また、断熱効果を求めるがゆえ、窓を小さくする必要があり、見通しが悪いことも息苦しさを感じる原因のひとつです。

●気密性・断熱性を高めるためにできること

画家-ペイント-家-屋内-リビング-ルーム-仕事-ホーム-色

今住んでいる住宅からいきなり高気密・高断熱住宅に変更するのは安易なことではありません。住宅の気密性・断熱性を高めるために、今できることをやりましょう。

築年数が多い住宅は老朽化が進み、隙間風が通るような隙間ができることがあります。その場合は、修繕してしっかり埋めることが大切です。また、外壁の劣化は熱を遮断しにくく、外気温の影響を受けやすくなります。夏本番までに、早めの修繕をおすすめします。

これらの修繕は、火災保険で補償される場合があります。

まずは、当社がおすすめしているドローンによる住宅の外観調査をご利用ください。修繕箇所が見つかれば、プロの専門家から予算のかからない修繕方法の提案をさせていただきます。

気軽にお問い合わせください。

お電話またはメールからお気軽にお問い合わせください。電話番号0120-703-250
相談無料・調査無料のお問い合わせはコチラ TEL.0120-703-250(受付時間10:00~17:00 土日・祝も対応)メールは24時間受付中 無料の調査依頼はコチラ

※保険の加入・見直しのご相談は保険会社にお問い合わせください。

最新記事

ページトップ