ドローンで働く
ドローンで働く

ドローンインストラクター

趣味やビジネスのために、ドローン操縦を学びたいという人のために、操縦士資格取得のための知識と技術を教える仕事です。スクールに所属するスタイルの他、フリーランスで色々なスクールに出向くスタイルもあります。

インタビュー

・ドローンスクールジャパン佐倉校インストラクター/JAPAN47ドローンパイロット
 若菜てるみ

・フリーランスインストラクター/JAPAN47ドローンパイロット 
 美濃部智

JAPAN47会員の特典

個人の場合
・JAPAN47がインストラクターを必要なスクールを紹介します。(無償)
資料請求はこちら

ドローン操縦士(建設・農業・公共保守)

ドローン操縦士の資格取得後、幅広い業界、事業での活用、機会があります。

建設

家屋の点検、土地の測量など、建設・建築の現場で有資格者がドローン操縦・撮影を行うことができます。

農業

農地の監視、農薬散布、農作物の生育確認など、農業の現場で有資格者がドローン操縦・撮影を行うことができます。

公共保守

太陽光ソーラーパネル、発電所、ダム、道路、トンネル、橋など、保守点検を有資格者がドローン操縦・撮影を行うことができます。

JAPAN47会員の特典

個人の場合 ・JAPAN47がドローン操縦士を必要とする企業を紹介します。(無償)
資料請求はこちら

ドローン管制士・ドローン中継士

飛行現場でしか見ることのできなかったドローン撮影の映像が転送され遠隔地で情報集約、指令ができるようになった今、飛行状況が過密になるほど、空の現場をコントロールできる管制士、中継士の活躍が見込まれます。
資料請求はこちら

ドローン・イベンター

ドローンへの注目度が高まるに従い、ドローンレースやドローンデモンストレーション、ドローン体験イベント等、観賞から参加型まで多種のイベント企画が盛り上がりつつあります。有資格者でなくてはわからない会場準備、スタッフィング、ゲストのブッキング等、貴重なポジションの確立が可能となります。
資料請求はこちら

ドローン・カメラマン

ドローンを操縦し、高い技術の空撮は、テレビや映画等のメディアにおける認知が高いものの、イベントの記録、スポーツの記録等、ドローン撮影の用途が多様化されており、カメラマンも専門分野における高いスキルによって生まれる芸術性、品質などさらに優位性のある要素が求められています。
資料請求はこちら

お問合せはこちら